オンラインゲームを日常でしているので、そのゲームの内容と身の回りの事を記事にしています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誤作動と思い☆今日のニュース☆NO.21
大阪市浪速区の個室ビデオ店で客15人が死亡した放火事件で、店が入居するビルの6階に住む管理人の男性が、大阪府警の調べに対し、「非常ベルのスイッチを切った」と話していることが6日、分かり。府警浪速署捜査本部は、ベルが止まったために客が火災に気付くのが遅れて、被害が拡大した可能性もあるとみて調べているみたいです。

これまでの調べに対して、客や従業員は「非常ベルは鳴ったが、すぐに止まった」と証言しているみたいです。出火約7分後に到着した消防隊員もベルの音を聞いていないみたいです。
管理人の男性は、消防法で義務付けられている「防火管理者」に指定されていたようです。男性は、捜査本部に「誤作動と思い、鳴っていた非常ベルを止めた」と話したみたいです。

管理人「防火管理者」と言う業務をしている人が誤作動と思い非常ベルを止めると言う行動は安易な考え方をしていたために起こした行動だと思います。

例え誤作動で非常ベルが鳴ったとしても本当に火事ではないのかと言う確認をしてから非常ベルを止める事も出来たはずですよ。

一人一人の安易な行動で助かる命が助からなくなる場合があるのできちんと確認して行動してほしいですね。
スポンサーサイト
Copyright © 美夕の日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。